忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
母のスマートフォンを購入して
こんにちは。

このお盆の帰省で、母のガラケーをスマートフォンに機種変更しました!
やはりこの時代、スマートフォンだよなー、というのと合わせ、母の頭の体操用に、と思い、購入しました。



auのrafre KYV40です。
まあ、BASIO2も検討しましたが、極端に「簡単化」されており、母のお友達に母がいろいろスマートフォン操作を教えてもらうときに、逆にそれが阻害するのではないかと思い、普通のAndroid画面のものを選択しました。


でそこまではいいのですが、やはり75歳オーバーの母に理解してもらうのは、なかなか難しいわけで。
そこで本屋さんに行き、Androidスマートフォン、そしてLINEの、「世界一カンタン」「世界一やさしい」と銘打つムック本を買ってきました。

確かに他の解説本と比べれば、やさしい感じはしますが、お年寄り向けではないのですよね。

「タップ」「フリック」はもとより「メニュー」「メッセージ」「ブラウザ」などという言葉が羅列されていたら、わからない(というか、もう見る気がうせる)のですよ。そのあたり、本を編集する方はお分かりになっていない。

画面のハードコピー画像は大きいのですが、その1枚の画像に①②③などと書いてあり、その説明が別に書いてある。もうそれで、読む気は無くなります。理解につかれますからね。

やりたいこと、たとえば「届いたメールを見る」「返事を出す」とかを、1段階ずつ画面を載せて、そこで行う操作と、それがどんな意味があるかを短いことばで書く。これが「誰でもわかる」形に近いんじゃないかな。

そもそも「WiFi」とか書いてもわかりませんよ(汗)。理解してもらうためには、「おうちにお子さんなどが設置した無線接続機器がある場合は、通信には費用が掛からなくなります」など、お金のことを先に出して、書くなど、工夫しないとね。そして、WiFiの印が画面のどれなのかを拡大図を使うなどして強調するとか。

多分高齢者の方の世代別人口はかなり多いわけで、そこにスマートフォンの普及のフロンティアがまだあるのだと思うのですが、どうも、そのあたりに力が入っていないのかなと思いました。通信業者もノウハウ本の編集の方も。

なお、購入したムック本は、解説を書いて、必要であろう操作が記載されているところに、強調マーカーをし、独自にインデックスラベルを目的毎に貼りました。不要と思われる画像・説明などは×(不要)などとしました。




拍手[0回]

PR
【2017/08/15 21:54 】 | 日記 | 有り難いご意見(1)
<<ブログお引越し | ホーム | XPERIA Z3 (SOL26)復活>>
有り難いご意見
無題
Еffectively like Mommy mentioneɗ, after we loce each other
and love the wߋrld that Jesus dіed foг, that?s a kind of worship.
After we think about Godd and hearken to the sermоn oor in Sunday School, that?s
a method of worѕhipping becausе wee aгe learning how nice
God is and He likes that. Or oonce we sit rοund and tell օne another wnat the best things about God
are. Yoou kjow how a lot you wɑnt listening to individuals
sаy how sensible or cute you boys are? Effectively Goԁ likes when we talk collectively abou how nice he is.?
Daddy answered.
【2017/08/21 05:04】| URL | http://www.linux.ca #48be7104f1 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>